2018年05月02日

東博のエトルリア


エトルリア交換品 (1).jpgエトルリア交換品 (2).jpgエトルリア交換品 (4).jpgエトルリア交換品 (3).jpg
  あまり知られていないことだが、東京国立博物館にも古代エトルリアの遺物(陶器)がある。
2006年に小特集展示があった。

エトルリア陶器−イタリア国立東洋美術館交換品−
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=349

 情けないことに東京国立博物館のサイトにも、これと展示リスト以外の資料も写真もないので、
、そのとき、偶然に撮った写真があるので、この際、全部公開する(イメージ)。
 確かに地味で小さなものばかりだが、下記の交換経緯から相当に信用のおけるもののように思う。

  >今回展示する陶器は、昭和39年(1964)にイタリア国立東洋美術館から寄贈されたものです。
となっているが、この交換事業自体聞いたこともないし、東京からイタリアに送ったものが何なのか気になるところではある。
  東京国立博物館刊行の雑誌ミュージアム1973年1月号が「特集:東京国立博物館陳列品収集の歩み」なので、繙いてみるが、何も書いてない。巻末の年表にすらない。。。なんという無視忘却冷遇か!!
  しょうがないので、同時代というか昭和39年ごろの直接の記録を博物館ニュースという月刊新聞のようなものの縮刷版で探してみた。ようやくみつかったのが、
昭和40年8月1日号 219号 の、第2P
昭和39年度の新収集品を展覧紹介するところの解説である。
>交換品はイタリア国立東洋美術館からおくられた古代イタリア文化遺品で、。。本館からは、縄文・弥生・古墳文化遺品56点を贈った。
>ローマの国立東洋美術館寄贈61点の。。
他に、2点の作品解説があったが、寄贈の経緯はこれだけ、、

ローマの国立東洋美術館てのは、これで中近東が中心のようである。
http://www.museorientale.beniculturali.it/index.php?en/1/home
地球の歩き方のサイトによると、2014年6月では日本室は整備中だったそうだ。イタリアじゃ、なかなか完成しないだろうな。まだ整備中でも驚かない。

 ここで、なんでこのエトルリア・コレクションのことを出したかというと、エトルリアについては二十世紀初めごろ1920年代ごろから盛んに贋作が生産されたようで、1970年代でも「イタリアの重要な産業」と揶揄されるほど盛行していたからである。
それについての先駆的雑誌記事が、これ。。
小川熙「エトルスクの贋作工房(真贋?121?)」、『芸術新潮』、第25巻1号、新潮社、1974年1月号、
小川熙「エトルスクの贋作工房(抜粋)」   1991年11月号 通巻503号

そういう状況なので、一応、信頼がおけそうな機関との交換品という点で、地味であるとはいえ、それなりに価値があるものではないか、と擁護しておくものである。


posted by 山科玲児 at 09:32| Comment(0) | 日記

高宗の行草書

李治書  李セキ碑.jpg


2012年03月25日
で、既に紹介したものだが、、
唐の三代目の皇帝、高宗は則天武后にしてやられたので、評判が悪いせいか、彼の書そのものまで忘れられている。これは書と人格を直接に結びつける習慣からでてきたんだろうけど。あまり感心しない。ただ、白村江で日本軍を撃破したのも高宗の時だし、高句麗を滅ぼしたのも高宗なので、かなり好戦的な人であり、従来のような軟弱皇帝という評価は、どういうものだろうと思う。 
彼の李勣碑(イメージ)の行草書は、相当に良い上、初唐のこの時代の行草書は、あまり多く残っていないので、貴重なものだと思う。

昨日、発起してWikiに投稿してみた。

posted by 山科玲児 at 07:15| Comment(0) | 日記

2018年05月01日

八大山人の伝記

八大山人.jpg


清時代初めの画家 八大山人(イメージは49歳像)については、南昌の青雲譜の道士だった、朱道朗と同一人物であるという説が古くからあって、南昌の青雲譜は、八大山人記念館になってます。まあ、南昌が、主要な作品の制作場所・終焉の地であったのは確かなんですけどね。
最近まで、そういう論文もあった(例::故宮文物月刊96,1991年の李旦 論文)ので、いまだに混乱してるみたいです。
2000年以降の論文みたら、、どうやら、やっぱり二人は別人のようですね。


posted by 山科玲児 at 08:08| Comment(0) | 日記

2018年04月30日

北京故宮博物院の絵画をみる

北京故宮博物院の絵画を、かなり良い大きな画像で多量にみることのできる故宮博物院自身のサイト
をようやく見つけました。  約1千100点ぐらい。。

北京故宮は、結構面白いものがあり、マカオで,北京故宮と上海の八大山人絵画を多くみたんですが、北京のもののほうが良かったと思います。
特に感心したのが、猫石図巻でした。これは安晩帖と比肩するできでした。




posted by 山科玲児 at 12:39| Comment(0) | 日記

李成

ウィキペディアの
の項目を書き直しました。
posted by 山科玲児 at 09:47| Comment(0) | 日記